リスクを知って正しく利用!カードローンの手軽さを味方につける

「正しく使ってこそ」のカードローン

 

「正しく使うといっても、お金を借りるだけだし……」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、カードローンはその手軽さゆえに、「借りすぎ」を起こしてしまう人もいます。

 

もちろん大多数の方はリスクを理解し、自分の返済能力に合わせて計画的に利用しているのですが、誤った使い方をしてしまう可能性は誰でも0ではありません。

 

ここでは、カードローンの具体的な利用方法と、注意点についてまとめています。

 

時間に縛られないのがメリットの「ATM」

 

ローンカードを使えば、各金融機関やコンビニエンスストアのATMでキャッシングを行うことができます。

 

消費者金融の店舗を使うのと違って、他人からみたら自分の口座から引き出しているのかカードローンを使っているのかはわかりませんし、コンビニなら24時間年中無休で利用できるというメリットもあります。

 

注意したい点は、自分でも「自分の口座から引き出している感覚」になってしまわないことです。借りたお金である上、利息をつけて返済しなければならないものだということを常に頭にいれておきましょう。

 

振込キャッシングもできる

 

総称はカードローンですが、カードを利用せずにキャッシングすることもできます。インターネットや電話で指定の口座へ振り込んでもらえるよう指示を行えばok。

 

スマートフォンや携帯も使えることが多く、カードローン会社や登録金融機関によっては、リアルタイムで融資が受けられる場合もあります。

 

この場合の注意点は、本来残しておくべき家賃や公共料金の支払いまでキャッシングで間に合わせようとしてしまいがちなことです。

 

また、振込融資が頼めるからといって、カードの管理をずさんにしないようにも気をつけましょう。クレジットカードや銀行のキャッシュカードと同じく、紛失の場合には即カードローン会社に連絡して対処してもらうことが大事です。

 

「借りすぎない」心がけは常に必要

 

このように、さまざまな方法でキャッシングが行えるカードローンですが、どんな方法で融資を受けるとしても、「借りすぎない」心がけは常に必要です。

 

借りたお金の管理をするためには、まず現在の自分の支出を把握することからはじめなければなりません。となると、今までルーズに暮らしていた方にはハードルが高いかもしれませんが、カードローンを利用するためのファーストステップと思って、取り組んでみることをおすすめします。

 

カードローン会社のサイトに用意されているシミュレーターも活用してみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ